年利20%の利益では不満ですか?高橋式常勝FX自動売買ツール

tkhs-fx

>>公開は終了しました<<

バックテストでは、トレード勝率が約80%、年利24%という運用成績ですが、トレード回数は
1日1、2回程度と少なめなのと、ロジックが完全非公開なために売買記録から予想するしか無い
という点が気になるところでしょうか。

通貨ペアはポンドドルのみで、値動きの大きな通貨ペアで数日間程度ポジションを持って利益を
狙っていくというロジックを採用しているようです。

バックテストの取引結果を見ると、エントリーした向きと逆方向に相場が動いた場合に、ロット
サイズを大きくして、更にポジションを積み増していることから、ナンピン・マーチンゲールを
していることが分かります。

ナンピンシステムは資金がパンクするおそれがあるから使わないほうが良いという話をあなたも
聞いたことがあると思いますが、バックテストでの値動きを見た範囲においては資金管理が適切
に行われていることが推測されます。

ポジションが制御できている範囲においては、ナンピンシステムというのは有効性が高いことが
知られていますが、過去の成績が良かったからといっても、将来においても約束されているわけ
ではありませんから、定期的にポジションの状況をチェックしておくと無難です。

なお、高橋式常勝FX自動売買ツールは、基本的にパソコン上で稼働させるFX自動売買システム
ですから、ポジション管理という側面だけでなくシステムの正常かどうという観点からも定期的
なチェックが欠かせません。

システム暴走やパソコン故障等の理由によって自動売買が停止している間に、為替市場で大きな
値動きが起こった時に損切りが行われずに、思わぬ不利益を被る危険があるからです。

特に厳密なポジション管理が求められるナンピンシステムでは、それこそ致命的になるおそれが
ありますから、神経質になる必要はありませんが定期的なチェックが必要です。

このページの先頭へ