マゾ(?)なFXのスキャルピングトレード「Mスキャ」

mscal

>>公開は終了しました<<

マゾなFXトレード
といったら、どのような内容をイメージしますか?

上昇トレンドで積極的に売りを仕掛けたり、レンジ相場で逆張りした挙句に、往復ビンタを
食らって全滅するといった具合に、自ら損失を積み重ねていく「経済的なSM」のイメージを
持つ人もいるかもしれません。

しかし、FX専業トレーダーの「FXドS兄貴」さんは「為替市場を調教する」という一見して
とんでもないことを堂々としでかしているといったら驚くのではないでしょうか。

もちろん、資金を豊富に持ち合わせているファンドやFX業者などが「ストップ狩り」をする
といった真偽の分からない都市伝説を、FXドS兄貴さんが個人でやっているというわけでは
ありません。当たり前ですね。

実際には、もっと大したことのない話であって、トレンド転換の初動を捉えることで大きな
利益を狙うといった流れのトレード
を「為替市場を調教」と言っているだけの話です。

その中でも、FXドS兄貴さんが狙っていくのは「上昇から下降へのトレンド転換」です。

下落トレンドの戻り売りはもちろんのこと、上昇トレンドで起こる押し目売りやレンジ相場
におけるサポートライン近辺での転換点なども当てはまります。

しかし、レンジの上限や戻り売りは比較的狙いやすいとしても、押し目売りは難しいという
イメージを持っていませんか?

長期足チャートで相場の流れを確認して、短期足チャートを見てエントリーするというのは
スキャルピングにおいては常識だとも言えますが、理屈として理解できたとしても具体的に
トレードをする際に適切な判断ができなかった経験があるかもしれません。

そこで役立つのが「Mスキャ」です。
あなたが「S」で為替相場が「M」という意味ですので間違えないように。

このページの先頭へ