武器としてのFX投資「月利10%運用プロジェクト」

geturi10

月利10%というと、トイチの街金よりは安いとしても、違法な高利貸しもいい所です。
1年で約3.1倍に借金が膨らんでしまうわけですから、とてもじゃないですが完済するのは
無理でしょう。

もちろん、定期預金などでは不可能な水準の金利ですし、実際に資産運用をしている人で
あれば2012~2013年のように簡単に達成できるような年もあれば、金融ショックが発生
した年のように達成するのが極めて難しい年もあったりとさまざまです。

この「月利10%」をFXトレードで達成しようというのが、武器としてのFX投資「月利10
%運用プロジェクト」
です。

中身としては、ツナギ売り実践塾で行っている損切りしないトレードがメインになるわけ
ですが、amazonキンドルで電子書籍として出版している「武器としてのFX投資」に補足
としてトレード実績や動画説明などを付け加えた内容になっています。

ツナギ売り実践塾を主宰する山田剛士さんが、この武器としてのFX投資「月利10%運用
プロジェクト」を実践するにあたって用いたトレード手法だけでなく、2013年10月25日
~2014年8月2日にかけて行ったトレードを全て公開しています。

なお、トレードの実績を先にまとめておくと、トレード回数494回で、利益決済230回、
損切り15回、トレード勝率93%という結果でしたが、基本的に損切りしないツナギ売り
で、どうして損切りをしたのでしょうか?

その理由として、損失額を適正にコントロールするために、ツナギ売りや損切りを行って
いると山田さんは説明しています。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ