1日1回の朝だけエントリーシグナル配信「ワンタイムFXライト」

1timefx

2009年から欠かすことなく続いているFXシグナル配信が「ワンタイムFXライト」です。

運用成績の悪化にともなって短期間でサービス停止に追い込まれるシグナル配信が多い中では
「ワンタイムFXライト」は珍しい存在
だとも言えますが、トレードチャンスにシグナルを送る
といった一般的なFXシグナル配信とは異なり定時配信というのが大きなポイントです。

メールには必ずといっていいほど遅延がありますから、トレードチャンスにメールを配信した
としても、あなたがメールを受信する頃にはトレードチャンスが終わっているというケースも
珍しくありません。

特にスキャルピングをシグナル配信で行うという場合は最悪であって、あまりにズレまくって
話にならないシグナル配信も過去には存在しました。

その上、仮にタイムラグなくメールを受信できたとしても、あなたがメールの内容を確認して
実際にトレードすることができるかどうかは別の問題です。

仕事中や睡眠中、入浴中などにシグナルが来た時に対応ができるかというと難しいのではない
でしょうか。

だからこそ、メールが送られている時間がアメリカのサマータイム中は午前7時過ぎ、冬時間
では午前8時過ぎと固定されている「ワンタイムFXライト」のほうがトレードの準備もできる

というわけです。

朝8時だとすでに働いているから無理とか、通勤途中に自動車を運転したり、満員電車の中で
踏み潰されながらトレードすることなんてできないという人もいるとは思いますが、それとは
逆にトレードしやすいという人も多いのではないでしょうか。

あなたの生活パターンの中でトレードが出来そうであれば、「ワンタイムFXライト」を試して
みるのもいいでしょう。

なお、損切り幅が大きいことから1回で数百pipsの損失を被ることもあります。

年単位ではプラスになっていますが、いきなりその年の最大ドローダウンから始まってしまう
と精神的なダメージが大きいでしょうが、そこで諦めずにしばらく続けることが最終的な収益
力を高めるために必要です。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ