1日2回の時間固定!2009年から続く日経225先物シグナル配信

225sgnal

>>公開は終了しました<<

取引のない週末や祝日などを除いて、2009年から1日も休むことなく続いているのが日経225
先物シグナル配信
です。

「日経225先物シグナル配信」という名前にあるように、トレード対象は日経225先物のみで
あり、トレードチャンスが来たら随時メールで知らせるという従来型のシグナル配信ではなく
日経225先物でお馴染みの寄引システムトレードのシグナルを定時に教えるサービスです。

寄引システムトレードでは、前日の取引値を入力したり、どこかのシステムから自動取得して
買い目を出すわけですが、その作業の手間さえなくしてしまうのが日経225先物シグナル配信
というわけです。

日中取引を対象としたシグナルが午前8時頃、ナイトセッションを対象にしたシグナルが午後
4時頃にメールで送られてきます。

日中取引、ナイトセッションのそれぞれの寄付でエントリーし、決済は日中取引の場合は大引
で行い、ナイトセッションの場合はオーバーナイトさせて、翌営業日の日中取引の寄付に行い
ます。

なお、日経225先物シグナル配信の運用成績を見ればわかるように、中長期においては利益が
出せているとは言っても、数日、数週間といった単位ではマイナスになることも珍しくはあり
ません。

今月はマイナスだったから日経225先物シグナル配信は糞システムだと決めつけてしまうと、
その後にプラス収支が続いても全く気づくこともなければ、稼ぎそこねて資産を減らしたまま
の状態が続くわけです。

資産が減るとすぐに辞めたくなる気持ちはわかりますが、本当にやめてしまうと「機会損失」
をこうむる危険もあるため、それだったら最初から手を付けないほうが無難でしょう。

1回毎のトレードでの損失が過度に気になるというのであれば、そもそも投資に向いていない
可能性が高いからです。

このページの先頭へ