まだ早いと思っていると手遅れに!20代不動産投資法

20dai-re

>>公開は終了しました<<

不動産投資を始めるのは何時頃がふさわしいのでしょうか?

不動産投資を始めたいと思った時がスタート
などと、何かのコマーシャルのようなことを言っていても仕方がないわけですが、ポケット
マネーだけでは始められないのが不動産投資ですから、必ずと言っていいほど融資を受ける
必要が出てきます。

融資をするにあたって金融機関は審査を行いますが、返済能力という「信用度」で見た場合
には年齢が低いほど不利になる傾向があることから、若いうちは不動産投資は向いていない
などと指摘をする人も少なくありません。

もちろん、金融機関の融資姿勢や物件の価値によっては審査結果が変わることは十分にあり
ますし、不動産投資アドバイザーでファイナンシャルプランナーの坂本憲彦さんも若いから
といって不動産投資を諦める必要はない
と指摘をします。

あなたは金融機関の融資がどのように行われているのか知っていますか?

金融機関によって細かな違いはありますが、担保能力や年収、過去の返済履歴などを総合的
に判断して融資の有無を決めていると考えているのではないかと思います。

しかし、それだけでは片手落ちであって、交渉力も大きく影響していることを忘れてはいけ
ません。

たとえ同じ状況だったとしても、交渉力の有無によって融資結果に違いが出るケースもある
わけですが、具体的にどうすればいいのか分からないことばかりではないでしょうか。

「餅は餅屋」といいますが、銀行員に知り合いがいれば、直接、話を聞けばいいわけです。

しかし、銀行員と一口に言っても預金や窓口、ルート営業などの経験しかない銀行員に話を
聞いても時間の無駄であって、融資担当者に話を聞かないと意味がありません。

あなたの身近な人物で融資担当の銀行員がいるケースというのは極めて珍しいと思いますし
当然ながら守秘義務がありますから、たとえプライベートであったとしてもペラペラと話す
ようなことはしません。

なお、坂本さんは以前は銀行で融資担当をしていたことから、個人情報は別としても融資に
関する知識や経験、ノウハウは豊富に持ち合わせていますし、既に銀行をやめていますから
それを第三者に教えたところで問題ない立場にいるわけです。

このページの先頭へ