4時間足スイングで稼ぐ!ぷーさん式トレンドフォローマニュアル輝

pu-san

FXトレーダーの「ぷーさん」こと、株式会社ベアードライン代表取締役の熊木章人さんは自ら
トレードする傍らでトレード教育にも力を入れていますが、商材販売業者やあなたも名前が簡単
に思い浮かぶような詐欺アフィカス連中が商材を売って稼ぐため、初心者が食いつきやすい言葉
を並べて「勝てもしない難しい」スキャルピングを過剰に推奨していると指摘します。

その結果、目先を変えただけで全く何の役にも立たないスキャルピングトレード手法を、次から
次へと売っては食い物にしている
と熊木さんは指摘しているわけですが、あなたも経験したこと
があるかもしれませんね。

とはいえ、熊木さんも本気でスキャルピングは使いものにならないと思っているわけではなく、
FX初心者が最初に身につけるトレード手法としては敷居が高いといっているのであって、更には
自らが提唱した「ぷーさん式トレンドフォローマニュアル輝」が中長期のスイングトレードだと
言う点も大きく影響しているといったら疑いすぎでしょうか。

よくスキャルピングと比べてスイングトレードは今は危険で使いものにならないといった論調が
見られますし、本サイトでも散々やってきた話ですが、週末またぎは個人トレーダーにとっては
逃げ道がないという点では怖いとしても、まともなFX業者でストップを入れておけば無視される
ようなこともなく、多少のスリッページがあっても損切りは行われますから過度に恐れる心配は
ないのです。

スイングトレードの方が瞬時のトレード判断が必要ないという点では、裁量トレードに不慣れな
初心者にとってはじっくりと考えて決断できるという点ではメリットがありますし、スキャルで
稼いでいる人でもスイングを知っておくと並行して取り組むことで運用益を劇的にアップできる

ことは知っておいてもいいでしょう。

なによりスキャルピングのような緊張感もなく、良い意味でリラックして取り組めます。

さて、「ぷーさん式トレンドフォローマニュアル輝」はスキャルやデイトレードでは大きな動き
をチェックするために使っていることもあるかもしれない4時間足チャートをメインにします。

エントリーすれば、あとは予約注文を入れて放置ですからクローズに負担はかかりません。

もちろん、リミットとストップは固定値などといった具合に相場の動きを無視したようなもので
はなく、トレーリングストップで利益をふくらませていきます。

ダウ理論をベースにして、具体的なトレード手法や考え方を動画と画像、テキストで教えていき
ますが、4時間足チャートだけでなく、更に短い時間足チャートを使って、基本は同じでもそれ
なりにトレード手法を切り替えることでデイトレードにも応用できます。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ