勝つための「特別」な訓練!巨匠に学ぶ投資プロフェッショナル講座

toshipro

>>公開は終了しました<<

「投資」について勉強するといったら、多くは以下のうちのいずれかのことだと考えている
のではないでしょうか?

  • トレードの学習
  • ポートフォリオ構築

資産全体を幾つかのカテゴリに分けて、何割かは貯金、何割かは債券、何割かは投資という
具合に資金を振り分けて、その後は資金を増やすべく、株やFX、先物などのトレード手法を
身につけたりトレードシステムを探すといった流れが一般的だと思います。

しかし、これでは「どんぐりの背比べ」から抜け出すことはできず、投資で成功できるかは
運任せ
だと言わざるを得ません。

投資業や起業支援を行う(株)日本秋桜企画の経営者で個人投資家、更には、現役サラリー
マンという「三足のわらじ」を履いている眞壁孝治さんは、投資で勝つには「特別な訓練」
が必要
だと断言します。

この「特別な訓練」がトレード手法をマスターすることであったり、ポートフォリオの資金
配分を適切に行えるようになるという意味だと思っているのであれば、明らかな誤りです。

むしろ、「人間の心理構造」に対して「特別な訓練」が必要だと眞壁さんは言います。

原則を守り抜いて感情に左右されない能力を身に付ければ、トレード手法自体に欠陥がない
限りは、どれだけ平凡なものだったとしても「投資家」としては成功できるし、ルール破り
をすることで転落へ一直線だというわけです。

といっても、にわかに稼ぎだしたFXトレーダーがドヤ顔で語るような底の浅いマインド論を
延々と聞いたところで何の役にも立ちません。
その時点が人生の中で最高潮なだけだったというケースが少なくないからです。

しばらくすると崖から転げ落ちるように消えていくケースが殆んどですし、数年前に名前を
聞くことが多かった人達の名前を思い出せば、はっきりとわかるのではないでしょうか。

眞壁さんは投資界の「4人の巨匠」からエキスを学ぶことの方が、よほど価値があるといい
ますが、よくある「偉人伝」のような書籍を読んだだけでは意味がありません。

あなたの投資活動に良い影響を与える可能性は皆無に近いからです。

このページの先頭へ