そもそも相場で勝てるはずがないは間違い!生き残る投資家の道標

ikinoko

特に負け組や、聞きかじりの知識でトレードを行った「にわか投資家」は

そもそも相場で勝てるはずがない

などといって、取引で大損を出した挙句に、捨てぜりふを残して去っていきます。

専業トレーダーからは、投資ブームの末期に見られる「風物詩」とさえ言われるほどに、全く
同じ経緯をたどって退場していきますが、あなたも似たような経験をした事はありませんか?

しかし、
相場の世界で勝つのに経験や資金は全く関係ない
と指摘をするのは、アスキット投資倶楽部の吉田幸平さんです。

  • 相場の値動きの原理が理解てきていない
  • 感情任せの統一感のないトレードを繰り返す

という2つの問題を解消すれば、トレード経験が少なく少額の投資資金しか無い個人投資家で
あっても稼ぐことは可能だと吉田さんは断言します。

例えば、株式トレードで、誰もが大損していると思われがちな暴落状況であっても、空売りを
している人が稼いでいるのは当然だとしても、全銘柄の株価が下がったケースは極めて少なく
極めて少数ながらも横ばいであったり、逆に株価が上昇している銘柄もあるわけです。

このような上昇銘柄を見つけて買っておけばいいというのは簡単でも、実践するのは非現実的
だというかもしれませんが、このような極端なケースは別としても、日常的な値動きの中では
上昇銘柄を見つけ出すことは、あなたが思っているほど難しいことではありません。

そこで、吉田さんが投資資金を2年で13倍にしたという投資理論を「生き残る投資家の道標
というマニュアルにまとめました。

すでに2000名以上が「生き残る投資家の道標」を実践しており、難しい知識やテクニックなど
一切不要で、株式市場を常時監視している必要はありませんので、夜中に少しの時間を費やす
だけでも実践することが可能です。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ