FX自動売買システムで勝てなければ「WIN MASTER TRADE」

wmt

>>公開は終了しました<<

あなたが使っているかもしれないFX自動売買システムで利益を出し続けていれば、運用資金の
増え方が気に入らないといった贅沢な悩みを除けば、特に大きな問題はないでしょう。

しかし、永遠に資金が右肩上がりで増え続けるようなことはなく、一時的なのか右肩下がりか
わかりませんが、資金が減少する光景に出くわすことは珍しくありません。

一時的な損失であればFXトレードであれば避けられない宿命のようなものですから、嵐が過ぎ
去るのを待っていればいいわけですが、それこそ、面白いように資金が減り続けるというので
あれば別の問題が考えられます。

その稼げなくなった説明として一般的に行われるのが、ロジックの陳腐化だとか、ロジックが
今の相場に合わないといった指摘ですが、そのほかにも「FX業者の不正」があることは意外に
知られていません。

FXが株式や先物とは違って「相対取引」であることは、あなたも知っているとは思いますが、
この相対取引に因る不透明さをいいことに、悪質な業者では本当にネコババに近いような事を
やっている
のです。

具体的には、必要以上にスリッページを大きくしたり、約定拒否をするといったものであって
目先の取引コストが見えないFXだからこそ、ついつい見逃しがちなポイントなのです。

もちろん、ロジックの陳腐化や相場との適合性の問題も無視できません。
FX業者をズルをしない良心的なところに切り替えても、トレードルールやロジックが欠陥品で
あれば意味が無い
のです。

そこで、投資家が何故か嫌がるギャンブル的な手法が役立ちます。
つまり、異常な数値を見付けて「勝ち逃げ」をする手法です。

「異常な数値」というのは、競馬で言えば実力があるのに人気が薄く高配当が期待できる状態
だと言えますし、ブックメーカーではアービトラージが組める状態などが当てはまります。

FXの場合には異常な状態を正常化しようとする動きがでますから、その流れに乗るだけで稼ぐ
ことができるというわけです。

勝ち逃げというのはカジノや競馬などではおなじみであり、目標利益を達成したら、その後に
レースや時間があっても何もしないという手法です。

このトレード手法の具体的な手順を知りたいのであれば「WIN MASTER TRADE」が役立ちます。

付属のトレードツールを見てトレードチャンスを待つだけのカンタン作業です。
トレードチャンスは1日平均1回程度とスキャルと比べても忙しくありません。

このページの先頭へ