完全無裁量でトレード勝率約56%!プラチナバイナリーDX

ptbinary

>>公開は終了しました<<

バイナリー規制がスタートする前は「バイナリーオプションといえば外為オプション」という
時代がありました。(今となっては全く見るカゲもありません)

その当時は「完売」などの独自ルールを悪用してGMOクリック証券が暴利を貪っているとか、
ボッタクリなどと揶揄されていたわけですが、バイナリー規制導入直前に行われた情報公開で
回収率は約100%であることが発表されると、これらのヤジが一気に消えていきました。

外為オプションが赤字だった時期もあったことから、意外に良心的であることに驚かされた人
も多かったようです。

その、かつての外為オプションと同じトレードルールを採用したのがハイローオーストラリア
の「スプレッドハイロー」です。

外為オプションの人気の秘訣だったペイアウト率200%(100%と説明するところもあります
が、「賭けた金額に対して、払い戻される金額の割合」という言葉の定義で考えると200%が
正しい)も「スプレッドハイロー」では採用されています。

なお、「スプレッドハイロー」では「完売」はありませんが、その穴埋めとも言うべきなのか
スプレッドが若干広めになっています。

そこで、この「スプレッドハイロー」向けに最適化されたバイナリートレードツールが新たに
登場しました。

それが「プラチナバイナリーDX」です。
15分取引に対応していますので、60秒や180秒などの短時間トレードには向きません。

プラチナバイナリーDXは旧外為オプション時代から高い成果を出していたバイナリーツールで
あり、スプレッドハイロー向けにロジックを改良していますが、素晴らしいパフォーマンスは
以前と全く変わりません。

トレードチャンスが来たらシグナルが出ますので、売買注文を出すだけです。
裁量判断は一切必要ありません。

なお、裁量判断を加味することで成績アップを狙いたいのであれば、トレンド相場を避ける
いう選択肢があります。

プラチナバイナリーDXでは逆張りロジックを採用していることからレンジや揉み合いでは強い
一方、トレンドに弱いという特徴がありますので、ロジックでもトレンド相場ではシグナルが
出ないように工夫はしていますが、裁量判断を加えることで更に運用成績を向上できます。

なお、特に何もしなくてもトレード勝率は56%程度はありますから、十分に利益は出せます。

このページの先頭へ