第2のビットコインとは?仮想通貨オンラインセミナー

cybermny

電子マネー」というと、あなたはどのようなものを思い浮かべますか?

Edyやsuica、pasmoなどの交通系ICカードを連想するかもしれませんし、WebMoneyや
BitCashなどの仮想マネーなども含まれます。

さらに、多くの人が使えなくなったと勘違いしているBitcoinも電子マネーの一種ですが
BitcoinがsuicaやWebMoney等と異なる点は、その価値が日々上下するという点です。

Bitcoinが登場した2008年当時は1枚あたり1ドルあれば簡単に買えたのですが、現在では
数万ドル相当の価値がありますし、その価値は今日も変化し続けています。

仮にsuicaの価値が今日は2万円、明日は1万5000円となったら、上尾事件が再発するかも
しれませんが、それはチャージした資金の価値が変わらないという前提だからです。

つまり、2008年時点でBitcoinを買い占めておいて、一部の取引所が破綻して信用不安が
起こる前に売り抜けていれば巨額の富をリスクなく手に入れることができました。
(Bitcoin自体は今でも破綻していない取引所を使ったり、それこそ相対取引も可能です
から紙切れになったわけではありません)

かといって、今さらBitcoinを使って投機をするというのは時期的に遅いといえます。

そこで、株式会社プログレスマインドの渡部純一さんが、現時点では価格の高騰がないが
今後の成長が期待される「第2、第3のビットコイン」を見つけてきた
といいます。

その一つが、リップル(XRP)です。

その潜在成長性に着目した渡部さんは自身が経営する株式会社プログレスマインドに新た
に子会社を設立して、その仮想マネーの正規代理店にするほどの力の入れようです。

あなたが渡部さんの話が胡散臭く感じるのは当然ですし、直感でコレダと思ったケースの
ほとんどが失敗に終わる事は、あなたも今までの人生で何度も経験してきたと思います。

そこで、日本人には縁が薄い仮想マネーについての知識を深めた上で、この「第2、第3の
ビットコイン」についての知識を深めるためのオンラインセミナーを公開しました。

それが「仮想通貨オンラインセミナー」です。
オンデマンドで予め用意された動画を見るという仕組みですので、開催日時に会場に足を
運ぶといった面倒な手間はかかりません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ