確率論を元に論理的にトレードで利益を出していく「LogicalFX」

logicfx

FXの「勝ち組」と「負け組」の違いは、さまざまな人がいろいろなことを指摘していますが
ファンド&コンサルティング代表の小林良治さんはインジケータに着目しました。

FX勝ち組は、必要最小限のテクニカル指標しかインジケータ上には表示をさせず、それこそ
プライスアクショントレード実践者であればローソク足のみというケースも珍しくないほど
シンプルで見やすいチャートになっています。

その一方で、FX負け組は根拠もはっきりしないままに数多くのインジケータが羅列している
ことが珍しくないと小林さんは指摘します。

つまり、必要最小限の情報量だけでもFXトレードで利益を出すことは可能なのです。
小林さん身も水平に引くサポート・レジスタンスラインと、短期の天底を結んだ直線だけで
トレードをして利益を出しています。

勝ち組FXトレーダーはインジケータ内で何を見て、どのようにトレードするべきか頭の中に
しっかりと入っているからこそ、余分な情報をみて気が削がれるようなことはしません。

相場は波で出来ている
という話を、あなたは聞いたことはありませんか?

エリオット波動や一目均衡表の「I波動」「V波動」「N波動」などを思い浮かべたかもしれ
ませんね。

小林さんも、この為替相場で起こっている波の動きが理解できているトレーダーは、その後
の値動きについても事前に予想できていることもあって、実際に正しいかどうかを確認する
ためにトレードをしているようなものだと解説します。

あなたは、その波の「止まるポイント」と「大きく動き出すポイント」を、正確に予測する
ことはできますか?

現時点で分からなくても問題ありません。
LogicalFX」で勉強をすればいいだけの話だからです。

ところで、天底を結ぶ直線と言ってトレンドラインを連想した人がいるかもしれませんが、
小林さんはトレンドラインは使い方を間違えると自滅する元だからやめたほうがいいと指摘
しています。

いったい、どういうことなのでしょうか?

⇒続きはこちら

このページの先頭へ