5%の勝ち組トレーダーだけが知っている株式トレード術「MTCプログラム」

mtc

>>公開は終了しました<<

ゴールドマンサックスやモルガンスタンレー、さらにはヘッジファンドなどといった海外の金融
会社が日本の株式市場で個人投資家などをカモにして富を奪い取っている
という話は、あなたも
聞いたことがあるかもしれません。

日本株の7割を「外国人投資家」が持っているという現実を見れば、ハゲタカファンドが日本の
富をいいように食い散らかしているようなイメージを持つのではないでしょうか。

実際には、イルミナティなどと連動した陰謀論めいた枝葉がついていることも少なくありません
し、日本国内のプレイヤーが自らの手口がバレないように海外業者経由で売買を分散させている
といったケースも少なくないのですが、本当のところはそれこそ闇の中でしょう。

「テロ対策」と称して、徹底的に世界中の金融機関の資産を洗いざらい調べているアメリカでも
なければ全てを把握できないのではないでしょうか。

このような状況下にある東京株式市場ですが、個人投資家がカモにされることなく「勝ち組」の
仲間入りをするには、株で勝つための「ある事実」を知ることが重要と指摘をするのは奥田将吾
さんです。

その株で勝つための「ある事実」をトレード手法に反映したのが「MTCプログラム」です。
運用資金が20万円以上あれば実践できます。

プログラムと言っても自動売買システムなどを作るわけではありませんからコンピュータ言語を
覚える必要は全くありませんし、パソコン操作が苦手な人でも全く問題ありません。

朝9時から昼3時までの取引時間中にチャートで値動きを逐一追いかけるようなことをしなくても
株式市場が終わった夜中に30分程度時間を確保できれば、必要な調査や作業を行って、証券会社
に売買注文を予約しておくだけで、1日あたり数万円程度は稼げる実力が身につく
のです。

「MTCプログラム」の中でわからないことがあったり、判断しづらいことがあった時にはメール
と電話でサポートをしていますので安心です。(電話サポートは時間制限あり)

このページの先頭へ