フォワードでも稼ぎ続けるFX自動売買システム「ジャッキー・ボリンジャー」

jb

>>公開は終了しました<<

FX自動売買システムは成績が全て
と言ってしまっては身も蓋もないわけですが、大層なロジック説明が長々と続いたところで、
運用結果がドローダウンを更新し続けるようなクソシステムではトレードしようという意欲も
なくなるものです。

また、短期間で稼げなくなるようなカーブフィッティングされたロジックを用いて勝ち逃げを
するといった自動売買システムが有効なシーンもありますが、ロジックが常にアップデートを
され続けないと怖くて使い続けられませんし、どこかで破綻したら終わりです。

あなたがFX自動売買システムを用いて安定的に稼ぎ続けたいと思うのであれば、派手さはなく
ても勝ち負けを繰り返しながら実績を残しているものを選んだほうがいい
でしょう。

ジャッキー・ボリンジャー」はそのようなFX自動売買システムの一つであり、2014年から
の実運用に関しても、トレード単位で見れば増えたり減ったりを繰り返しながら、全体的には
徐々に資産を増やしていることがわかります。

ナンピン、マーチンゲールは行いませんし、複数のポジションを持つこともありませんので、
エントリー後は損切りか利益確定しか行わないようになっています。

ジャッキー・ボリンジャーのトレードを見ると、ゾーンでのエントリーやピラミッティングと
いったポジション管理手法を駆使すれば、さらに利益が増やせる機会は少なくないのですが、
あくまでも穏やかにトレードをすることを再優先しているために敢えて搭載していません。

その代わりといえるかどうかは分かりませんが「複利運用」機能が付いています。
複利運用の必要性を感じなければオフにして単利運用をすればいいわけですが、トレード勝率も
悪くはないことから、ロットサイズを増やした途端にドローダウンの連続で急激に資金を増やす
といった可能性はそれほど高くはありません。

また、「ジャッキー・ボリンジャー」では使用できるFX業者に制限はありません。
MT4 Build600系がまともに動くブローカーであれば、どこでも使えます。

相対取引であることを悪用して、自動売買だけに余分なスリッページを与えたり、約定拒否する
といった迷惑行為をするFX業者しか選べないといった「地獄の状態」は避けられます。

インターバンク直結で、スプレッドが狭く取引コストの少ない業者を選んだ方がいいことは言う
までもありません。

このページの先頭へ