もらい事故で大損しない!示談の教科書「交通事故のスピード和解術」

jidan

>>公開は終了しました<<

あなた自身は安全運転に徹していたとしても、暴走運転をしている車に一方的にぶつけられる
もらい事故に遭遇する可能性はゼロではありません。

しかし、あなた自身は完全な被害者だと思っていても、0:10になることはほとんどないという
事実は、あなたもすでに知っていると思います。

たとえ1:9であっても、あなたには1割の責任がある結果になるわけですから、「安全運転義務
を怠っている」という事実だけが残ってしまうという理不尽なことになりかねません。

自動車保険には示談代行サービスがついていることが一般的ですが、保険会社に全てを任せて
しまうと、勝手な示談をされた挙句に、あなた自身が不利な状況に追い込まれる可能性もある
わけです。

あなたの免許証に勝手に点数が付けられたり、トンデモ裁判官が家裁・地裁レベルでは数多く
いることから、理不尽な罰金や懲役刑を食らうといったケースもゼロではありません。

東京・三鷹バス痴漢冤罪事件のように高裁で無罪になりましたが、無罪を証明する証拠を全て
無視して有罪だと判決を出したキチガイ裁判官がいるのも事実ですから、被害を受けたあなた
が免許取り消し・刑務所に収監されるという悪いジョークが現実になるおそれもあります。

「保険会社はあなたの味方ではありません」
と断言するのは、「事故の解決コーチング」の三浦憲彦さんです。

とはいえ、必ずしも保険会社があなたの敵になるというわけでもなく、保険会社の利益と相反
することもあれば一致することもあるという話です。

保険会社とあなたの利益が一致する際には大きな味方になりますが、逆のケースもあるという
わけです。

そこで、あなたが保険会社に振り回されるのではなく、逆に都合よく活用することで、事故の
際に最も有利な結果が得られるように立ちまわることが重要
になります。

とはいっても、法律的な知識もなければ、保険会社の思惑なども知らないままに闇雲に動いた
ところで逆効果になるわけです。

そこで役立つのが、三浦さんが作成した示談の教科書「交通事故のスピード和解術」です。

このページの先頭へ