FX裁量トレード補助ツール「MetaClick1」

mtclick1

FXだけに限った話ではありませんが、勝ち組・負け組の割合というのは、どのようなもので
あっても、1:9や2:8といった具合に圧倒的な数の負け組の上に少数の勝ち組がいるという
状況になる傾向があります。

もし、「大多数の勝ち組」と「ごく少数の負け組」という組み合わせを知っていたら教えて
もらいたいのですが、罰ゲームなどでありがちな、トーナメント戦で負けた人が次の試合に
進めるようにしたケース程度でしょうか。

この場合は、一人の「負け組」と、その他の大多数の「勝ち組」になります。

さて、話がそれましたのでFXに戻しましょう。

FXの場合は、一人の負け組と大多数の勝ち組になる可能性は極めて低いですから、その逆の
結果になるケースがほとんどですが、逆説的な話といえるかもしれませんが、勝つためには
負けないことが最も重要
です。

どれだけ優位性のあるトレードをしてもトレード勝率を100%にすることは不可能ですし、
FXトレードにおいては1回の損失で全資産を吹き飛ばす可能性もありますから、同じ負ける
にしても損失を減らして損失を小さく抑えることが重要になります。

このことから、「リスク管理」をしつこいほどに強調するFXプロトレーダーや指導者が多い
わけですが、あなたを含めてトレード厨は自分で損切り出来ずにズルズルと逆に動いていく
相場を損切りもせずに見ているだけといった状況に追い込まれたことがあると思います。

ストップを事前に入れておいても、根拠の無い自信で相場が反転するから含み損が減るなど
と自分勝手に妄想を広げていって損切りせずに持ち続けて、その結果、莫大な損失を被ると
いうのは「人間心理のワナ」として有名なケースです。

また、エントリーした後に、ストップとリミットの予約注文を入れている間に相場が大きく
動いてしまった
というケースも経験したことがあるかもしれません。

そこで役立つのが、FX裁量トレード補助ツール「MetaClick1」です。

MT上でエントリーするだけで自動的にストップやリミットを入れられますし、トレール機能
を使わなくてもチャート上のラインを上下に動かすだけでストップ・リミット幅を自由自在
に動かせます。(逆に使うと致命傷になるおそれがあります)

⇒続きはこちら

このページの先頭へ