個人事業主・零細企業経営者専用!「節税ドットコム」完全マニュアル

setuzei

>>公開は終了しました<<

個人事業主であれば、多少の黒字を出したところで、所得税・住民税・事業税、さらには国民
年金や国民健康保険税などで利益の半分以上を失うケースも珍しくありません。

会社組織であっても従業員が数人程度の零細企業であれば、それほど状況は変わらないのでは
ないかと思います。

だからこそ、赤字決算にして納税額を極限まで減らすほうがいいと考えがちですが、何をして
節税するかは税務署の裁量判断も大いに影響することから難しいものです。

それこそ、税務署員によって全く無問題だと判断されたり、悪意のある脱税と判断されたりと
いうグレーゾーンがどうしても発生するものです。

グレーゾーンにあたる節税策を一切行わず、誰が判断しても合法な範囲での節税にとどめると
いう選択肢もありますが、グレーゾーンをシロにして、徹底的に節税したいといった気持ちは
ありませんか?

消費税を増税して公務員や議員の給料を上げるといったバカバカしさを見ていれば、1円でも
納税額を減らしたくなる
のは当然のことでしょう。

しかし、節税するためにNPO法人を設立したり、会社をタックスヘイブンに置くといった選択
は、多くの個人事業主や零細企業にとっては非現実的
でしょう。

最低でも利益が1億円近く出るようになってから公認会計士や税理士などの専門家に節税策を
考えてもらったらいいのです。

ネットビジネスで、世界のどこでもインターネットさえ繋がっていれば仕事が可能というので
あれば、日本を脱出して「非居住者」としてタックスヘイブンに住むという選択もできますし
繁栄度合いや治安、法制度などを考慮して、香港やシンガポール、マレーシアなどに移住する
情報起業家も少なくありません。

その一方、個人商店や町工場などの経営者、せどらーなどのサイドビジネス実践者にとっては
現実味の全くない話だと思えるのではないでしょうか。

複雑で難しい節税を始めて無駄に苦しむくらいであれば、安全で楽な上に、何よりも効果的な
節税方法を取り組んだほうがいい
とアドバイスをするのは、「節税ドットコム」の森考郎さん
です。

このページの先頭へ