相場が上げても下げても利益を出す株式デイトレード!セクターサイクロン

scyclone

株価が上がったり下がったりすることは、あなたも知っていると思います。

ストップ高やストップ安が何日も続く銘柄もありますが、ストップ高やストップ安が永久に
続くわけではなく、いずれは値がついて、再び株価が上下を繰り返します。

上場廃止銘柄を中心に株価1円で張り付くこともありますが、例外的なケースと言えます。

22年のキャリアを持つ元証券ディーラーの山本伸一さんは、東京市場の33種ある業種ごと
にチェックして、短期上昇期待銘柄と短期下落警戒銘柄を大引前に抽出してエントリーして
オーバーナイトさせた後に翌営業日に決済することで安定的な利益が狙える
と指摘します。

そのトレード手法こそが、セクターサイクロンなのです。

セクターサイクロンでは、

  • 上がった業種の銘柄は翌日は下がる
  • 下がった業種の銘柄は翌日は上がる

という相場の習性を活用することで、ファンダメンタルやテクニカル指標に依存しなくても
無理なく稼げるようになると山本さんは指摘しますが、本当にそんな単純なことが起こるの
と疑問に感じるのではないでしょうか。

また、取引ができない時間帯にポジションをもつこと自体がリスクだと考えるトレーダーも
増加しており、あなたもオーバーナイトなんてとんでもないと思ったかもしれません。

過去の金融危機などを見てもわかるように、ほぼ全銘柄が暴落状況に入りますから、一刻も
早く売って損失を減らさないといけないのにも関わらず、東証が閉まっており、夜間市場も
気配値が動くだけで売買が成立せずに含み損だけが雪だるま式に膨らんでいくという状況で
吐き気さえ催すのではないでしょうか。

だからこそ、セクターサイクロンでは買いだけではなく「売り」も入れているわけです。
空売り自体の利益も狙っていきますが、暴落時のリスクヘッジとしても使えるわけです。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ