月1回30分で月利164%!統計投資強欲アカデミー

toukei

>>受付は終了しました<<

過去の出来事を元にして未来を予測するというのは、確率の世界ではありえないことだとして
無視されるケースも珍しくありませんが、統計学の世界においては当たり前のように行われて
いるものです。

確率論においては、前回までの動きは関係なく、今回は何%の確率で発生するのかという点を
重視するのに対して、統計学においては過去のデータを元に分析を行って未来を予測する点に
違いがあるのです。

この統計学はギャンブルの世界では当たり前のように用いられていますが、天気予報から企業
経営にわたるまで幅広い分野で用いられている
ことは意外に知られていません。

津田良平さんは普段は日本に住んでいますが、シンガポールを中心に世界各地のカジノで稼ぎ
続ける「出稼ぎカジノプレイヤー」をしています。

津田さんはブラックジャックで生活資金を稼ぎ続けているそうですが、カードゲームと非常に
相性がいいのが「統計学」なのです。

その後、2012年から2年間かけて検証を行い、津田さんがカジノと並行しながら新たな対象と
して選んだのが「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションもギャンブルに近い性格を持つトレードであることから、津田さんには
取り組みやすかったというのもあるのでしょうが、検証中に導入されたバイナリー規制の影響
も含めて実証性が検証できた
のが、津田式「統計手法」です。

この津田式「統計手法」では、以下の4つの作業を行いますが、最も軽視しているのが一番下
のトレードです。

  • ベースとなる正確な情報の収集
  • 必要情報の抽出とデータ分析
  • ルール作り
  • トレード

むしろ、トレードまでの準備作業を最重要視しているわけですが、統計投資強欲アカデミー
参加すれば、この津田式「統計手法」で欠かせない準備作業を月1回30分で終えられるという
専用ツール
が付いてきます。

あなたが行った準備作業に従い、取引自体は自動売買ツールが行いますので、チャートを常時
監視するといった緊張が求められて疲れる作業は必要ありません。

このページの先頭へ