国内不動産物件だけで1年後に年収1000万円!不動産投資ロケット戦略

rocketrs

日本国内の不動産投資は将来性がないからやめろ!
といった内容の話を聞く機会が増えていませんか?

今後も止まらない人口減少と、高齢者の増加と勤労層の給料減少が続いていることから、現在
でも余剰気味の賃貸住宅情勢が更に悪化することは確実視されており「大空室時代」と業界内
では恐れられていることも既に知っているかもしれません。

このため、高度成長期に入っている国で不動産投資を行ったほうが、日本でのバブル期以前の
不動産投資のセオリーがそのまま使えることもあって、それこそアホでも稼げるとアドバイス
をする人も増えています。

具体的には、東南アジアからインドにかけて、アフリカ、南アメリカの一部地域が該当します
が、いきなり現地に買い付けに行っても法律的・文化的な問題などによって何も買えないだけ
でなく、犯罪に巻き込まれて有り金を全て巻き上げられたり殺されるケースもありえます。

あなた一人で進めるのは無謀ですから、海外不動産投資に熟知した経験者や、信頼できる現地
コーディネーターと取り組んだほうが無難です。

その一方、日本国内であれば法律的・文化的な問題はそれなりにクリアできるとしても、物件
的な魅力に欠けるものが多い上に「大空室時代」が到来しているとあっては手出ししない方が
いいと考えがちですが、不動産投資家で住居系収益不動産投資コンサルタントの村田幸紀さん
は明快に否定します。

  • 地方
  • 地銀
  • 中古1棟もの

という3つのキーワードに従っていれば、国内物件に特化した不動産投資であっても短期間で
圧倒的な収益を得られるようになることは可能
だと村田さんは言います。

その具体的な手順をマニュアルにまとめたのが「不動産投資ロケット戦略」です。

全くの一文無しからでも、1年後には全ての支出を差し引いた純利益が1000万円以上になると
いうことが十分に現実的な話だと言ったら驚くのではないでしょうか。

村田さんからコンサルティングを受けた人たちは、次々と成果を出しています。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ