バイナリー規制の影響がない60セカンズで稼ぐ!バイナリーボード

b-board

>>公開は終了しました<<

バイナリー規制が導入された結果、国内業者でのバイナリーオプショントレードは全く魅力が
失われた
といっても過言ではない状況になりました。

しかし、日本では中国のように海外のWebサイトへの接続が遮断されるということは一切あり
ませんから、海外のバイナリー業者の提供するインターネットトレードシステムへのアクセス
には全く影響がありませんし、バイナリー規制の影響もいっさい受けることはありません。

バイナリー規制を導入している国は、日本を除けばキプロス程度ですが、2013年に発生した
金融危機の影響で多くの業者が消滅しましたし、業者自体の安全性にも疑問を持たれるように
なったことから、あえてブローカーとして選択する理由はないでしょう。

さて、海外のバイナリー業者が提供するサービスの中に「60セカンズ」があります。

エントリーして1分後の値動きがどうなっているかと予測するものですが、通常のHIGH&
LOWとは違って締切時間がないため、大きなトレンドが起こって一方向に相場が動いている
時などを狙ってトレードすれば高い確率で的中することができます。

しかし、ペイアウト率は通常のHIGH&LOWよりも低めに設定されていることが一般的で
あり、60セカンズで利益を出そうと思えば高めのトレード勝率を叩き出す必要があります。

そこで役立つのが「バイナリーボード」です。
シグナルが出たらエントリーするという分かりやすいトレードツールです。

あなたも検索してみるとわかるのですが、レビューサイトの中にはセールスレターに書かれて
いる数値を見て「使える」と書いてあるものもあれば、屁理屈をこねまわして「使えない」と
結論付けるところまでさまざまです。

バイナリーボードにおいても、セールスレター内の数値に信憑性がないから評価「C」などと
書いてあるレビューサイトが何箇所もありますが、手抜きレビューで別の商品を買わせるため
の客寄せパンダ的には好都合だとしても、レビュアー自身が検証していない時点で失格です。

どうして自分でソフトを動かして調べないんだろうと疑問に感じるのですが、手間とコストを
掛ける必要がないという判断なのでしょうね、きっと。

なお、結論から言えば、24時間トレードをし続けた前提におけるトレード勝率は意味がなく
トレード時間帯によっては何時間もバイナリーボードではシグナルが出ないことも珍しくない
ため、あなたの生活スタイルによって大きく運用成績が変わるというのが現実です。

このページの先頭へ