30年間にわたって再現性を持つ5種類の鉄板トレードシナリオ!堀式株式投資術

horisiki

>>公開は終了しました<<

あなたは30年前に何をしていましたか?

まだ生まれていないという人も多いと思いますし、学生、既に働いていたといった具合に
さまざまな人生を送ってきたのではないかと思います。

さて、13年間にわたって証券会社に勤務した経験があり、上場企業で役員を務めるなど
多忙な日々を送っていた株式トレーダーの堀篤さんは30年前から株式トレードで稼ぐため
の方法を編み出すのに試行錯誤を続けてきたといいます。

この30年間では、バブル景気の到来に始まり、バブル崩壊後の長期経済低迷、1997年の
消費税増税やアジア通貨危機、更には小規模なバブルと金融危機が何度も繰り返しやって
きたわけですが、堀さんが株式トレードで生き残れたのは歴史の試練に耐えてきた「鉄板
トレードシナリオ」を自らつくり出せた
からなのです。

この前のアベノミクス相場でうまく流れに乗って急激に資産を増やしたトレーダーの中に
は、現在の状況に対応できずに早くも消えていった人が出ていますし、退場者数は今後も
増えていくのではないでしょうか。

あなたが今後、株式市場の値動きに翻弄されて、退場者リストに名前を連ねるような悪夢
を見たくないというのであれば「堀式株式投資術」が必要です。

堀さんが30年間にわたって運用してきた「鉄板トレードシナリオ」を5種類、知ることが
できます。

あなたが株式投資に関する基本的な知識をすでに持っているのであれば、1日30分程度の
時間があれば十分です。

また、堀式株式投資術では重要性は数多く指摘されていながらも、具体的に学べる機会が
少ないマインド面も深く突っ込んで学べます。

損切りできないとか、塩漬けしてしまうといった人間心理は精神論だけでは改善するのは
難しいものです。

トレード手法ばかりを磨いたところで、精神面が不安定だとまともなトレードができなく
なることは、あなたも過去に経験したことがあるかもしれません。

このページの先頭へ