FXよりも効率がいい!スーパースキャルピング225

日経225先物はFXよりも資金効率が良い
という話を聞いたことはありませんか?

レバレッジの掛け方によって資金効率は変わるんだから、比較する意味が無いと言いたくなる
かもしれませんね。

日経225先物は、証券会社によって異なりますが最大20倍程度のレバレッジ、FXの場合は国内
業者だとレバレッジ規制で最大25倍(将来的に最大10倍になる見込み)ですが、海外業者だと
レバレッジ規制の影響を受けないことから、最大100倍以上のところは珍しくありませんし、
1000倍近いレバレッジが可能なブローカーも存在します。

その上、海外業者の場合、マージンコール後に強制決済された結果、残高がマイナスになった
としても、いっさい追証が求められないゼロカット口座もありますので、FXのほうがいいなど
と結論付ける人もいますので、にわかには信じられないかもしれませんね。

しかし、FXと比べて、同じ値幅を短時間で狙えるのが日経225先物のメリットです。
さらには、日経225先物のほうがトレンド発生時の値動きが一方的になりやすい傾向があり、
ダマシが少ないので見極めやすいという点も大きなメリットです。

そこで、日経225先物で効率良く稼ぐために、会社経営者で投資歴10年以上という伊藤由さん
が開発したのが「スーパースキャルピング225」です。

基本的には、スーパースキャルピング225付属のインジケータが出すサインに従ってトレード
をすればいいわけですが、何も考えずに機械的にトレードするよりもトレードルールに基づく
裁量判断を併用したほうがトレード成績が良かった
ことから、3種類のエントリーロジックと
2種類の決済ロジックを用意しています。

また、エントリーと決済は何度かに分割して行うことから、一見すると資金効率が悪いように
思うかもしれませんが、FXや株式などのトレード経験があればわかるように最高のタイミング
で1回でエントリーやクローズをすることは不可能
ですから、平均的に良い成績を残せるよう
分割エントリー・分割決済としています。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ