無申告でバレなかったのは昔話!合法的節税なら「せどりに特化した税金セミナー」

sedotax

サラリーマンであれば、基本的に給料とは別の稼ぎが年間20万円以内であれば、税務署から
問い合わせが来ることもなければ、2月から3月にかけて行われる確定申告もいっさい必要は
ありません。

もちろん、確定申告をするのはあなたの自由ですから、11万円せどりで稼げたといって税務
署に提出するのは勝手ですが、あなたにとって何のメリットもありませんし、余計な作業を
増やすだけだといって傲慢な税務署員が怒り出したり、提出不要と言われて受け取りを拒否
するかもしれません。

それとは逆に、本来、確定申告を提出する必要がある人が申告しなかった場合には、たとえ
少額であっても税務調査に入ったり、脱税額が書かれた用紙を送りつけて期限内に納付する
ように求める振込用紙を送ってきます。

無視をすれば、更に罰金額が増えるだけでなく、逮捕されて刑事罰や行政罰の対象になると
いったケースも増えていますから、まともな神経をしていれば耐えられない状況でしょう。

会社もクビに追い込まれるでしょうし、前科持ちを雇ってくれる会社は少ないこともあって
近所や親戚などから陰口をたたかれ続けながら「人生の裏街道」を歩むことになります。

そんな後ろめたい思いをしたくなければ、確定申告が必要な条件を満たしているのであれば
積極的に取り組むほうが何十倍もいいわけです。

しかし、とりあえず収入をすべて書いて確定申告すればいいと考えるのは間違いです。
当たり前の話ですが、収入が増えるほどに納税額も増えてしまうからです。

収入額を合法的に減らしてもいい方法を税務署がいくつも認めているからです。

たとえば、せどりであれば商品を仕入れるときに必要な費用は、一定の条件を満たせば収入
から差し引けます。

仕入れ価格と落札価格の差額が「収入」になるのであって、落札価格丸ごとが「収入」では
ないからですが、このケースは誰でもわかるとしても、他にも似たようなケースで合法的に
収入を減らせるのにも関わらず、知識として知らないがために納税額を必要以上に増やして
いるケースは多い
ものです。

今は何のことだか理解できなかったとしても、約3時間の「せどりに特化した税金セミナー
を見ればわかるでしょう。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ