都市部以外の「お宝物件」を見つけ出す!地方プレミアム投資術

tihoprm

>>公開は終了しました<<

不動産投資で満室運営をするためには需要の高い物件を手に入れる必要があることは、改めて
説明するまでもないでしょう。

いくら物件価格が安いからといって、無人島になりかけている離島の一戸建てを買っても意味
がありませんし、近々大規模な開発が行われて人口が急増する可能性があるといった材料でも
ない限り、限界集落にあるアパートを買ったところで不良債権化するだけです。

需要の高い物件と言って、誰もが思い浮かぶのが首都圏などの大都市ではないでしょうか。

東京の一極集中はいまだに続いていますし、他の地域が過疎に悩む一方で東京や近郊エリアの
人口増加は止まらないため、見逃すことができない地域であることは言うまでもありません。

しかし、多くの不動産投資家が都市部の物件を常に狙っている状況ですから、そう簡単にお宝
物件が手に入ることはありませんし、運良く好条件の物件を見つけられたとしても購入価格が
高くて手を出せないというケースも少なくありません。

そこで、元証券マンで不動産ファンドや不動産ファイナンス業務に携わった経験を持ち、今は
不動産投資をするために独立した伊藤邦生さんが注目しているのが「地方物件」です。

大阪や名古屋などといった地方「都市」物件だけでなく、それこそ過疎で衰退している地域に
ある不動産物件の中にも首都圏並の優良なものが存在する
と伊藤さんは言います。

自治体レベルで見れば人口は減り続けていても、集落レベルで見れば、近くにイオンができる
とか、東海道線や山陽線などの利便性の高い鉄道の新駅ができるといった具合に利便性が向上
することで需要が高まる物件というのは存在しているわけです。

こういった地方物件を多くの不動産投資家は見落としていますから、今でも買われずに残って
いますし、あなたが地方在住であれば身近な物件にチャンスが潜んでいるかもしれません。

しかし、都市部とは違って「ハズレ」をひいた時には文字通り空室だらけになる可能性もゼロ
ではありませんから、物件選びはよりいっそう慎重に行う必要があります。

そこで伊藤さんが現在不動産投資で行っている地方物件の見つけ方から、金融機関から融資を
引き出すコツ、さらには満室運営をするためのノウハウを「地方プレミアム投資術」にまとめ
ました。

このページの先頭へ