21時から24時が最適!中長期的視野で稼ぐツール「マンスリーバイナリー」

m-binary

>>公開は終了しました<<

バイナリーオプションはトレード毎の利益・損失額が決まっていることもあって、FXほどには
資金管理を気にする必要はありませんが、それでもデタラメなトレードをしても稼げるような
甘いものではありません。

それこそデタラメなトレードであってもトレード勝率は50%前後に落ち着くとは思いますが、
外れた時は全額没収で、的中時のペイアウト率は70%前後が一般的ですから、トレード回数が
増えるほどに資金はジリジリと減り続けていきます。

ギャンブルの世界でもタブー視されつつありますが、外れた次の回は倍掛けするといった追い
上げ投資をしようにも、バイナリーオプションでは1回あたりの掛け金に上限がありますから
何度かハズレが続いてしまうと、倍掛けしたくてもできなくなってしまうのです。

つまり、バイナリーオプションで稼ごうと思えばトレード勝率を高くするのが一番です。

その上で、逆マーチンゲールなどのギャンブルの世界で用いられることの多いベッティングを
駆使すれば、同じトレード勝率でも利益額を増やすことが可能になりますが、まずはトレード
勝率を高くすることのほうが重要です。

FX専業トレーダーとして知られるFX孔明さんがバイナリーオプション向けツールを新たに開発
したのですが、それが「マンスリーバイナリー」です。

1分足と5分足のチャートで移動平均線を表示して、同時にゴールデンクロス、もしくはデッド
クロスが出た時にシグナルを出すというシンプルなロジックですが、FXではコツコツドカンを
引き起こす最悪なロジックだったのに対して、損益が決まっているバイナリーオプションでは
最適なロジック
だったというわけです。

通貨ペアに関係なくトレード勝率70%は達成できることから安心して使えます。

マンスリーバイナリーは24時間、通貨ペアに関係なく使えますが、バックテストをした結果、
21時から24時のあいだが最もトレード勝率が高くなることが明らかになりました。

また、10分ごと、1時間毎のHIGH&LOWが運用成績を最大化することから、FX孔明さん
は、この2種類でバイナリートレードをした方がいいとアドバイスしています。

このページの先頭へ