時間指定で遅延の心配がないシグナル配信!FXチャンピオンのシンプルトレード

fx-champ

>>公開は終了しました<<

「FXシグナル配信は使えない」という話を聞いたことはありませんか?

その理由は簡単で、シグナル配信では「トレードチャンスが来た時にメールを配信する」という
仕組みが一般的ですが、現在のスキャルピングや短期スイングトレードではメールが到着した時
には既にトレードチャンスが終わっているというケースが珍しくないからです。

そもそも、メール配信というのは遅延が起こりやすい傾向がありますし、メールに気づかないと
いう場合もあるでしょう。

その結果、インジケーターや自動売買システム、コピートレードなどが進化を続けるのに対して
シグナル配信は衰退する一方
という状況なのです。

このFXシグナル配信をわざわざ使おうというのが「FXチャンピオンのシンプルトレード」です。

外為どっとコムが主催するFX運用コンテストで優勝したというトレーダーの天羽義治さんが開発
したロジックを元に「トレードチャンスで配信」ではなく「時間指定配信」という仕組みを採用
することでシグナル配信が持つ問題点を解決しました。

上のメール配信例では「17:00にユーロ円を売り」と指定されていますが、利益確定と損切りの
値も指定されたメールが送られてきますから、指定時間になればエントリーを行って、予約注文
を入れておけば十分です。

トレード勝率25%以上で利益が出るようにシグナル設計が行われていますので、実際には60%
近い実績はあるとはいっても、相当負けこんでも損にならないというのはトレードをする側には
うれしいのではないでしょうか?

このページの先頭へ