不動産投資におけるスルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー

suruga

スルガ銀行といえば静岡県沼津市に本店を置き、静岡県東部から神奈川県西部にかけて主な
営業エリアとしている地方銀行ですが、地方銀行にしては珍しく日本五大都市圏全てに進出
しているだけでなく、ネットバンキングを中心に全国各地に利用者がいます。

全日空利用者であれば必ずと言っていいほどに利用しているのがスルガ銀行ANA支店ですし
その他にも、ポイントサイトのGポイントやアルソック、NTTドコモやソフマップなど金融
機関とは関係のない数多くの提携企業と連携しているのが特徴的です。

その一方で、不動産投資においてもスルガ銀行は重要な存在です。

オリックス銀行や三井住友トラスト・ローン&ファイナンスや提携の住信SBIネット銀行
などと同様にサラリーマン大家さんが不動産投資を行うにあたって、融資条件が緩い上に
融資額も他の金融機関と比べて大きい場合が珍しくありません。

しかし、融資が緩い分だけ金利にリスク分が反映されていることから、他と比べてローン
金利が高めということで、スルガ銀行は使いたくないという人も少なくない
ものです。

優良物件であれば金利の高いスルガ銀行で借りなくても、別の金融機関で低金利で融資を
受ければ実質的な運用利回りは上昇しますから、わざわざ必要はないわけです。

また、逆に他の金融機関が融資を断るような危険な物件でも、スルガ銀行では融資をする
場合がありますから、空室だらけで賃料収入が期待できないのにも関わらず重い負担だけ
が残ってしまうという具合に、危機的状況を迎える結果にもなりかねません。

地方銀行からの融資を中心に不動産投資を行っているという村田幸紀さんは、このスルガ
銀行の使い方を間違えてしまうと即死しかねない状況に追い込まれると警告します。

その一方で、スルガ銀行の「正しい使い方」を知って実践すれば、高金利で審査が緩いと
いう特性を活用して不動産投資を有利に進めることができる
とアドバイスします。

不動産投資をするにあたってのスルガ銀行との正しい付き合い方を村田さんが人数限定の
セミナーで教えたのですが、多くの人から詳しく知りたいという要望があったことから、
このたびDVD「スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー」に収録されました。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ