逆転の発想でシストレ+裁量のハイブリッド手法「ワンツーFX」

12fx

FXトレードはシンプルで分かりやすいほうがいいという話は、あなたも今までに聞いたことが
あると思います。

ロジックやトレード手法は複雑にしたほうが素晴らしい結果が得られるといった錯覚は多くの
人がしているわけですが、複雑にした結果、トレードが出来なければ意味がありません。

FX自動売買システムやインジケータがシグナルを出すシステムトレードであれば、ロジックが
複雑だったとしても問題ないわけですが、今度はロジックが硬直化してカーブフィティングが
起こりやすくなるという問題を忘れてはいけません。

そこで、「ワンツーFX」はデイトレードをメインとして、補助的にスキャルピングを併用する
ことで、大きな値動きが取りづらいというスキャルの弱点をデイトレードで克服し、その逆で
細かな値動きを拾えずにトレードチャンスが少ないデイトレードの弱点をスキャルで補うこと
でパフォーマンスを向上させています。

その結果、月400Pips前後を目標としていますが、今までの実績では月1000pips超が継続して
いますので安心して使えます。

ワンツーFXではトレンドフォローが基本ですが、インジケータの活用方法はワンツーFX独自と
なっており、今までに見たことがない使い方に驚く
かもしれません。

また、デイトレードのロジックでエントリーした後は、そのポジションがクローズするまでは
新たなエントリーは行いませんし、スキャルピングのロジックでエントリーした時も同じです。

エントリーと損切りは機械的に行い、利益確定には裁量判断が求められることから、獲得pips
に違いが出る可能性が高いとしても、トレードルール破りをしなければ致命的な損失を抱える
心配はありません。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ