日本証券アナリスト協会検定会員が教えるバイナリーオプションコーチング

boc

バイナリーオプションで稼ぐためにはトレード手法を知るだけでは不十分だと指摘をするのは
国際公認投資アナリストの藤田修さんです。

藤田さんは日本証券アナリスト協会検定会員として大手銀行のマネージメントに携わる一方で
個人投資家向けの投資家教育を行っていますが、トレード手法ばかりを重視する風潮には問題
がある
と言います。

というのも、国内業者はバイナリー規制が始まったことで全く投資対象ではなくなりましたし
海外業者の中には、出金に上限を設けて規制をしたり、業者のある外国のオフィスに行かない
と出金を認めないというところもありますが、日本の法律が通用しないわけですから、現地の
法律に則って対応するしかないわけです。

その結果、日本からは何もできずに泣き寝入りといったケースも少なくありません。

つまり、トレードで勝ち続けたとしても出金できなければ、単なる数字でしかなく、入金した
お金はすべてゴミ箱に入れたような状況ですから、一体何をしていたのかと頭を抱えることに
なります。

また、入出金のトラブルがない普通の業者でトレードを行っていても、トレード手法だけでは
クリアできない問題が出てきます。

例えば、主要な経済指標が発表された直後は相場が大きく動くことが知られていますが、全く
知らないままにチャートだけを見てトレードをしていると、いきなり大きな値動きが起こって
混乱するでしょうし、全く対応できないままに損失を積み重ねることになりかねません。

FXより被害が少ないバイナリーオプションだとは言っても、事前にわかっているイベントなど
は事前に頭のなかに入れておきたいものです。

このような論理的投資思考を身につけていないと、思わぬところで足元をすくわれるといった
悪い結果になりかねません。

そこで役立つのが「バイナリーオプションコーチング」です。

トレード手法だけに特化するのではなく、知識・ツール・資金の有効活用という3点を強化する
ことで安定的に稼ぎ続けられるトレーダーになることができます。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ