3タイプで安定運用!ヘッジファンドバンキング「FXシグナル配信パック」

fxsignal

>>公開は終了しました<<

ヘッジファンドバンキング「FXシグナル配信パック」は、以下の3種類のFXシグナル配信が
セットになっています。

  • ザラ場トレード
  • 指標トレード
  • 1日1回トレード

ザラ場トレード」は元為替ディーラーでFXストラテジストの水上紀行さんが担当しており
トレードチャンスが来た時点でメールを配信するという、典型的なFXシグナル配信です。

しかし、この手のシグナル配信にはトレードタイミングの遅延という致命的な弱点がある
から、最近では使われなくなっていますので、利用にあたってはエントリー値、利益確定、
損切りという3種類の数値はきっちりと守った上でトレードをすることが必要になります。

トレード回数は月3~10回と少ないことから、メールに生活が振り回されるといった心配は
少ないと思いますが、メールの配信時間によっては見逃す可能性もゼロとはいえません。

指標トレード」は、FXストラテジストの太田二郎さんが担当し、経済指標トレードに特化
しています。

毎日18時前後に、その日の注目指標発表とトレード指示が書かれたメールが送られてきます
ので、あなたはメールに書かれたとおりにエントリーして決済するだけです。

ザラ場トレードとは異なり、メールの配信時間などが決まっていますので、IFO注文を活用
する事で、エントリー後に利益確定と損切りのどちらの決済ラインにかからなかった場合に
手動決済するケースを除けば、ほったらかしでトレードできます。

最後に「1日1回トレード」はDJからFXトレーダーに転身したというユニークな経歴を持つ
新山優さんが担当し、その名の通り、1日1回のトレードしか行いません。

18時頃に送られてくるメールを見てエントリーを行いますが、すべて指値注文のため、FX
シグナル配信の弱点ともいえるタイムラグの心配がありません。

また、3名のFXトレーダーのシグナルだけでなく、マーケットや世界経済の動向を踏まえた
各担当者の見解も動画やレポートで定期的に配信されますので、現状を理解して将来を展望
するのに役立ちます。

このページの先頭へ