3000人以上の実績!仕手株で2億円を作った株式投資法

sitekabu

>>公開は終了しました<<

仕手株」というと、相場操縦や違法といったイメージが付きまといますし、値動き自体が
不透明なこともあってコバンザメ的に稼ごうと思っても、なかなか思いどおりにいかないと
いうケースも珍しくありません。

多くのトレーダーが気づくのは暴騰が始まった頃であって、その後はチキンレースの要領で
大相場が終わって元の水準に戻るまでの間に稼ぐことができなければ、莫大な金額の含み損
を抱えた上に、よほどの幸運でもなければ今後の株価上昇も期待できませんから損切りする
しかありません。

しかし、株式トレーダーの加藤和也さんは、この仕手株トレードで億単位のお金をわずかな
労働とも言えない作業で簡単に稼いでおり、3000名以上のトレーダーが加藤さんと同じよう
に利益を出し続けているのです。

その手口はシンプルで、仕手株が暴騰する前の段階で、仕手筋が株を買い集めている兆候を
発見したり、株価が暴騰する直前の段階で仕込むことで、仕手筋と同じように大きな利益を
短期間で得ることができる
というわけです。

そんな都合のいい方法があるのかと疑問に思ったのではないでしょうか。
もちろん、加藤さんが仕手筋とホットラインでつながっているなどと、怪しい投資顧問会社
がいいそうなことは一切言いませんよ。

とはいえ、簡単に仕手筋の仕込みを見極められるのであれば、機関投資家が短期間で大きな
利益を得るために参入してこないとおかしいと思うかもしれません。

機関投資家の倫理規定などはあってないようなものですから、トレードチャンスさえあれば
喜んで資金を突っ込んでくるはずなのに不思議な話だと皮肉を込めて言いたくなる気持ちも
わかります。

しかし、あなたも知っている某有名企業が「仕手筋」という一面を持っていることは業界的
には常識的な話だとは思いますが、一般人には意外なほどに知られていません。

このページの先頭へ