印鑑をついたら手遅れ!交通事故損害賠償シークレットバイブル

songai

>>公開は終了しました<<

あなたは交通事故示談書に書かれている金額に不満を感じていませんか?

あまりに安すぎる
と文句の一つも言いたいが、ただ文句を言っているだけでは示談金が受け取れなくなっては
いけないなどと思っているかもしれませんね。

いったん示談書に印鑑を押してしまうと契約を認めたことになりますから、後から安すぎる
と文句を言ってもムダですし、場合によっては「恐喝」などといった扱いになり、あなたが
逮捕される可能性も出てきます。

示談書の金額に不満を感じたのであれば、必ず印鑑を押す前に言って行動に移す必要があり
ます
ので注意が必要です。

といっても、示談金の金額が安いと不満を抱えた所で、具体的にどのような行動を起こせば
いいのでしょうか?

あなた自身は安いと思っている示談金でも、交通事故の相場的に平均的な金額であれば覆す
のは難しいですし、勝てるかどうかも分からない裁判などで1円も受け取れないまま延々と
時間をかけて、判決まで戦い続けなければいけません。

それこそ最高裁判所の判決まで争い続けるとなると、昔のように数十年といったことはなく
なりましたが、それでも地裁や家裁から考えれば数年間はかかることが一般的です。

とてもじゃないですが、経済的に耐えられないのではないでしょうか。

そこで、交通事故を専門的に扱う行政書士の岩崎正志(業務に影響が出るため偽名)さんは
「正しい知識」を持つことが重要だと指摘します。

加害者側が提示する損害賠償金は最も金額の低い基準である自賠責基準で計算されていると
いうことはあなたも知っていると思いますが、自賠責基準の3倍程度の金額になる「慰謝料
算定基準」で計算しなおせといったところで全く相手にしない
ものです。

もちろん、詐病によって嘘の障害者になったりするのは論外だとしても、それに近いような
誇大に病状を煽ったり、ほぼ捏造に近い診断書を医師に書かせるというのも不可能に近いと
言わざるを得ません。

このようなデタラメなことをしなくても示談金を増やすことは可能なのです。
交通事故損害賠償シークレットバイブル」を読んで、正しい知識を身につけて行動すれば
わかります。

このページの先頭へ