低ボラティリティでもFXで大きく稼げる!爆速スキャルピング

bakusca

>>公開は終了しました<<

FXだけに限った話ではなく、多くの場合は、相場が動かないとトレードで稼ぐのは難しくなる
ものです。

スイングトレードで大きな値幅を狙っていたトレーダーには厳しい局面になりがちです。
「休むも相場」と割り切れる人もいるでしょうが、専業トレーダーで稼ぎ続ける必要があると
いう人にとって、稼ぎにくい相場が続くのは致命傷になりかねません。

もちろん、バイナリーオプションや日経225オプションなどのオプション取引といった例外は
ありますが、低ボラの時はオプショントレードをするといった器用なことができる人は少数派
です。

持田有紀子さんのように、株式・先物・為替・オプションなど、さまざまなマーケットを常に
俯瞰して、稼げるマーケットを狙い撃ちして稼ぐといった手法に特化している人もいますが、
あなたが同じようにできるとは限りませんし、まず無理でしょう。

低ボラを高レバレッジでカバーするといった方法もありますが、通常以上にリスク管理が難化
することもあって、失敗者が山のように発生するというのが過去の実績ですし、今後も同様に
数多くの失敗者が生み出されるものと思われます。

しかし、元証券マンは今は専業FXトレーダーという「為替鬼」こと津田英明さんは、低ボラで
あっても、何事もなかったかのようにスキャルピングでラクラクと稼ぎ続けています。

  • 小さな値動きでもトレード回数を確保する
  • 安定的に利益を出し続ける

この2つができれば、元から利幅の薄いスキャルピングトレードでは、ボラの大小には影響を
受けることはないというわけです。

逆に低ボラが普通だと思ってトレードをしていると、高ボラになった時には損失が膨らまない
ように注意が必要だとしても、逆に言えばボーナスチャンスがやってきたとも考えられること
から、きわめて好都合だとも言えるわけです。

爆速スキャルピング」は、この低ボラを主軸において、ボラティリティの大小に左右される
ことのないトレードを身につけることができるマニュアル
です。

トレード手法自体はもちろんのこと、先ほど書いたように相場適応力が劇的に向上できますし
さらにはリスク管理に欠かせない資金管理脳力も飛躍的に高めることができます。

このページの先頭へ