物件の入居者付けの容易さを見極める現地確認!ヒアリングテクニックを学べ

hearing

>>公開は終了しました<<

不動産投資で重要なポイントはいくつかありますが、その中でも重要なのが「物件選び」です。

それこそ、倒壊しかかっているオンボロ建物で修復するのに膨大な費用がかかる上に、入居者は
全くいないどころか、駅徒歩数分と言っても1日数本しか来ない路線で、まわりには何もないと
いった具合に立地条件が悪すぎては話になりません。

また、一見すると素晴らしい立地条件であり、入居者が簡単に増えそうな状況が揃っているよう
に思えても、実際に物件を買ってみると、隣人が問題人物でトラブルは日常茶飯事なために全く
入居者が増えないというケースもあるわけです。

不動産投資家の今田信宏さんは物件選びにあたって最も重要なポイントは「現地での物件調査」
だと断言します。

現地確認といっても、物件そのものを見て劣化が少ないとか共用区域がきれいなどという具合に
表面的なチェックで終わっていては意味が無いのです。

朝から晩まで物件を監視して時間帯による人の流れや生活環境の変化を確認したり、問題人物が
近所にいないかといったチェックをするのが最適なわけですが、そんなに時間が取れないという
人も多いでしょう。

特に時間に制約の大きなサラリーマン大家さんにとって、物件調査で1日フルに使うというのは
難しいのではないかと思います。

そこで、今田さんは賃貸仲介業者にヒアリングすることで「入居者付けの容易さ」について判断
するための材料を集めています。

もちろん、ヒアリングをする前に購入希望物件の物件調査と環境調査は済ませておかないと質問
さえできませんので時間の無駄です。

情報収集を効率よく進めるためには事前準備は必要不可欠ですが、なぜか落としている人が多い
のが実態です。

そこで、今田さんが賃貸仲介業者から効率よく「入居者付けの容易さ」を見極めるための情報を
引き出すために欠かせないノウハウをまとめたマニュアルを作成しました。

それが「ヒアリングテクニックを学べ」です。

このページの先頭へ