個人レベルに最適化!攻守のバランスがとれたEA「God Scalping」

godscal

>>公開は終了しました<<

FX自動売買システムは結果が全て
という人が少なくありません。

ロジックがどうこうなどといった屁理屈をいくらこねられたところで、実際に運用した結果、
資金が半減するようでは意味が無いというわけです。

あなたも、その中の一人かもしれませんね。

それも、バックテストだと好きなように成績をいじることができるから、フォワードテストや
実運用の結果でなければ意味が無いという意見も珍しくありません。

確かにバックテストからドローダウンの連続で、実運用しても資産が減るばかりといったEAを
好んで使いたいなどという人は、お金を湯水のごとく浪費する必要があるといった特殊な事情
でもない限りは誰一人としていないと思いますが、運用結果だけを見るというのも誤りです。

現時点では運用成績が悪いシステムでも、相場状況が変わればロジックとの適合性が良くなり
稼げるようになるケースもあるからです。

とはいっても、ロジックは完全にブラックボックスで教えられないといった自動売買システム
も少なくないことから、判断材料が運用成績しかないケースも結構な割合であるものです。

そのようなブラックボックス系ロジックを採用したシステムは、できれば避けておいたほうが
いいと思いますが、「God Scalping」はどうでしょうか?

基本的にはスキャルピングの順張りで、5種類の通貨ペアでトレードをするということ以外は
ブラックボックスというロジックですから、トレンドやレンジはもちろんのこと、揉み合いで
も少しでも値が動けば利益が狙えるわけですが、フォワードの状況とあわせてみても、適度に
利益を出し続けていることがわかると思います。

しかし、コツコツドカンの傾向も見られることもあって、ポジション設定などを無駄に大きく
したり、トレード開始のタイミングが悪いと大きな損失を抱える結果になるかもしれません。

このページの先頭へ