経済指標トレードに特化したFX自動売買システム「ハンターFX」

hunterfx

自動売買システムを使う目的としては、大きく3種類にわけられます。

  • トレードスキルがなくても売買できる
  • 人間がいなくてもトレードを代わりにさせられる
  • 人間では不可能なトレードを機械にさせる

一番上の目的のためにFX自動売買システムを使っている人がほとんどだと思いますが、熟達した
システムトレーダーであれば下の2つの目的のために使用することのほうが多いわけです。

例えば、逆マーチンゲールやドルコスト平均化などの目的で、コンマ秒の単位で何回も連続して
売買注文を出したり、IFDOCOなどの予約注文だけではカバーできないような複雑な手順の取引を
する際などはコンピュータに任せたほうがケアレスミスもなく正確にトレードします。

トレーディングストップなどは、複数のポジションを同時に保有していると、裁量トレードでは
ケアレスミスで忘れてしまうといったケースもあり、かえってポジション管理を機械に任せた方
が安全確実なトレードが出来るのです。

最近のFX業者だとプログラムトレードに対して特別に大きなスリッページをかけたり、約定拒否
をするといった嫌がらせをすることは減っており、純粋なブローカー業務に特化しているところ
も増えていますので、以前のように過度に自動売買システムを避ける必要もなくなりました。

ハンターFXは、経済指標発表直後の大きな値動きに特化した自動売買システムです。

ロジックとしては実に単純で、現在の値から上下2方向に逆指値注文を入れておいて、どちら側
に動いてもエントリーします。

それだけだったらトレードツールなどを使わなくてもOCOIFDなどで十分だから、ハンターFXは
不要ではないかと思ったのではないでしょうか。

しかし、経済指標の発表スケジュールを見ていれば、何日の何時に発表されるかはわかると思い
ますが、あなたは全てのタイミングでエントリーできますか?

他のトレードをしているかもしれませんし、仕事や遊びなどでトレードできないこともあるので
はないでしょうか。

まとめて予約注文を入れるにしてもエントリー後の値動きまでは予測できませんから、利益確定
は固定値にして妥協するか、トレーディングストップを細かく設定できる業者であれば事前入力
しておくことも可能ですが、数が多いと手間がかかるものです。

ハンターFXを使えば、起動させておくだけで自動的に済ませてくれます。

⇒続きはこちら

このページの先頭へ