ハウスメーカーで3200万円の見積もりを1600万円で新築した方法を暴露

1600man

>>公開は終了しました<<

安かろう悪かろう
という言葉がありますが、必要な出費までケチってしまうと、購入時は安上がりに済んで満足
できたとしても、何かにつけて悪影響が出てくるケースも決して珍しいことではありません。

欠陥住宅で被害を受けた人などは典型的なケースといえるのではないでしょうか。

しかし、住宅業界は「欠陥住宅」という概念を逆手に取って、必要以上に割高な値段で販売を
しているケースも多い
ことは意外に知られていません。

もちろん、相場よりもあまりに割高にし過ぎるとボッタクリであることが簡単にバレますから
構造的な縮小が続く不動産業界では無茶はできませんが、一見して割安感を演出しながら実は
割高な物件を売ろうとしているわけです。

首都圏で交通広告などを扱っているパール広告社の中畑真吾さんは、住宅建築のこのカラクリ
を知ることで、ハウスメーカーが出した見積金額3200万円の半額1600万円で注文住宅を新築
することに成功したといいます。

その後、都合によりマンションを買ってリフォームした時も同じ手順でコストを半額程度に
抑えることができたそうです。

当然ながら、値引きをするようにクレーマーのように恐喝や暴行をすることもなければ、欠陥
住宅を掴まされたというようなこともなく、ハウスメーカーの見積よりも更にスペックアップ
した上で費用は半減できた
というのですから驚くしかありません。

どうやって中畑さんは建築コストを半額程度にまで抑えることに成功したのでしょうか?

このページの先頭へ